足がすくむようなハラハラドキドキのアトラクションが追加の「スカイジャングル」 11月26日(金)再開決定

「スカイジャングル」は、雄大な自然の中、色々なアトラクションをクリアしながら楽しむ空中大冒険アクティビティで、「スリルコース」「ファンコース」「クイックジャンプ」「ジップライン」の4つのコースで構成されています。

再開にあたり、「ファンコース」、「スリルコース」のアトラクション数を増やし、「クイックジャンプ」では高さを強調するなど胸を高鳴らせるようなハラハラドキドキ感をさらにアップしています。

 「スリルコース」では、大自然の木々を進んでいくような気分を味わえる「スインギングログ」やまるで足元の悪い密林をかき分け進むかのような「ネスタマジック」など8箇所の新設を含む計18箇所のアトラクションをクリアして進んでいただきます(再開前は16箇所)。高さも以前より3m強高くして8.8メートルにし、アトラクションに挑戦する際のスリルを増強しています。加えて、「天空チャレンジ」を新たに設置しました。1本木の先端にある板木に勇気をもって向い、木を叩くと、大自然の中に心地よく響き渡る音と達成感、今までに感じたことのない感動に包まれます。

高さ約2mの「ファンコース」では、ハラハラドキドキしながらゴールに向かう道の途中が途切れ、先に進むは大きな勇気が試される「エアポート」や行く手を阻むかのように目の前に現れる巨大な「くものす」など、6箇所の新設を含む計8箇所のアトラクションに挑戦いただきます(再開前は7箇所)。

また、「クイックジャンプ」は、そのロケーションを変えたことで、実際よりも高く足がすくむようなハラハラドキドキ感を強化しました。加えて、長さを延長した「ジップライン」を備え、新「スカイジャングル」では、身震いするような大自然の景色を見渡しながら、お子さまから大人まで、家族みんなで本能を揺さぶるような大興奮の数々を体験いただけます。


緊急事態宣言も解除され、新型コロナウイルス禍でも3密を避けて日常のストレスを発散出来るとして、屋外でのレジャー需要も高まりつつあるなか、ネスタリゾート神戸では、都市圏から1時間もかからない距離にある身近な大自然の中で、お子様から大人まで緑豊かな大自然の中で体を思いっきり動かして全身で楽しめるアクティビティを40以上ご用意し、本能が揺さぶられる興奮の数々を体験いただくことで、ご家族やご友人との大切な時間を過ごしていただき、心に深く刻まれる最も特別な1日になればと強く願っております。


NESTA RESORT KOBE