黒窯くろかま

お風呂のルーツは、古代人が火を使い始めた頃に洞穴内で火を焚いて熱し、
熱気浴や蒸気浴を行ったことが始まりと云われています。
静寂な窯内の床に敷き詰められた薬宝石が温められることで大量の遠赤外線を放出し、
丸いドーム状の窯内で反射し合いあらゆる方向から照射されることで、
体内に吸収され多くの有害物質を皮脂腺から排出する効果が期待されます。

ロウリュウ開催時間

<全日>13:00、15:00、19:00
ロウリュウについてはこちらをご覧下さい。

古式蒸窯に戻る